〇〇しないだけで人間関係が簡単に

生活

私たちは人生の中で様々な人間関係を構築し、多くの人と関わりながら生活をしています。社会生活においてはこれは必要不可欠で、時に人生を楽しくし、時に悩みの種になります。

人間関係で悩んでいる方はたくさんいますが、どうにかして人間関係で悩まないようにできないのでしょうか。今回は人間関係に関して筆者なりの考えをご紹介したいと思います。

そもそも、人間関係で悩むときはどんなとき?

皆さんが人間関係で「悩んでいる」と感じるときというのは、行き詰まりを感じたとき、つまり

職場の同僚や上司と波長が合わないときや、知人と仲たがいをしたときなど

人間関係がうまくいっていないときではないでしょうか。

うまくいっているときに悩むことはほとんどないはずです。社会生活においては、生まれた場所も違えば、育ってきた環境も全く異なる人達が一同に集まるわけですから、自分と全く同じ考えを持って、同じ行動をするような人はいません。ことわざを借りるならばまさに「十人十色」なのです。これにより、人間関係がうまくいかないときがあります。

考えや、行動の違う自分以外の誰かと関わりながら生活を送るというのはとても大変なことです。しかしながら、このような状況に全く身を置かずに生活を送るというのは、社会生活では難しいと言わざるを得ません。

何が人間関係の良し悪しを決めているのか

では、なぜ私たちは人間関係で悩むのでしょうか。その答えは単純で、人間関係の中で少なからず「期待が生まれ、その期待に満たない結果が返ってきているから」だと筆者は考えています。

例えば前述した「職場の同僚や上司と波長が合わないとき」を考えてみましょう。

職場の同僚や上司と波長が合わないときで言えば

「同僚や上司と波長が合うだろう」と期待していた(思っていた)反面、「同僚や上司と気が合わなかった」という結果(期待外れ)になったことで

期待通りにいかない=悩みになっているのではないかと筆者は考えています。

知人と仲たがいしたときも然りです。「知人と仲良くいる・いたい」という期待に反して「仲たがいをしてしまった」という結果(期待外れ)になってしまったことから、これが悩みの種になっているのではないかと考えています。

悩みを少なくするためには?

期待に満たない結果になることで悩みになっていると前述しました。では、悩みを少なくするにはどうしたらよいのでしょうか。この時点で既にお察しの方もいるかもしれませんが、この答えも単純で、「期待をしない」ことが悩みを少なくすることに効果的です。

例示した職場の同僚や上司と波長が合わないときを例に挙げて考えてみます。

はじめから「同じ環境で育ったわけでもないのだから、話や波長が合わないのは当たり前」という考え(期待)を持っていたとしましょう。

この考えのもと、職場の同僚や上司と波長が合わなかったとしたらどうでしょうか。もともと波長が合うことを期待していませんから、これに関して失望することもなければ、悩みの種になることもありません。

上記のような考え方は、人間関係においてとても冷たい考えのように思えますが、このように期待値をあらかじめ下げておく、もしくは全く期待しないことで、悩みの種が作られることはありません。

もちろん、自分の周りにいるすべての人に上記のような考えを適用するべきと申し上げているのではなく、あくまで会社の人や、それほど仲が良くない知人に対しての関わり方に関して述べておりますので、気心の知れた親友や、家族等の近しい人たちに関しましてはこの限りではないことをご了承ください。

このように人との付き合い方を変化させることによって人間関係に関する悩みを持っている場合、それを少なくすることができ、充実した人生の第一歩を歩めるのではないでしょうか。

生活
スポンサーリンク
Probiees

コメント

タイトルとURLをコピーしました