大学生の2人に1人が利用する日本学生支援機構の奨学金ってどんな内容?

生活

大学生や専門学生のほとんどが一度はお目にかかる奨学金制度。なかでも日本学生支援機構が提供する奨学金制度は奨学金を検討している人の多くが申し込む奨学金制度です。今回はこの奨学金制度の詳細について解説します。

そもそも奨学金制度とは

奨学金制度とは、経済的な理由で就学が困難な学生に対して支援を行うものです。今回解説する日本学生支援機構が行う奨学金制度のほか、一般企業や財団法人が行っている奨学金制度もあり、それぞれで応募要件や貸与額・給付額等が異なります。

奨学金を受けるにあたり、「貸与」「給付」に大別ができます。

貸与は就学にかかる金銭を貸してもらえます。もちろん、借りたお金ですから、しっかりと返さなければいけません。

対して給付は就学にかかる金銭をいただくことができます。貸与と異なり、借りているわけではありませんので、返済の義務は生じません。

日本学生支援機構の奨学金制度

日本学生支援機構の奨学金制度には貸与型と給付型の2つがあります。貸与型に関してはその中でさらに1種と2種があります。

貸与型の奨学金

・奨学金の全体的な特徴

奨学金制度は就学する学生自体に貸与されますので、返還義務も学生にあるということになります。奨学金は一年中いつでも申し込めるわけではなく、申込期間が限定されているので、申込みをしようと考えている方は期間に注意しましょう。奨学金の対象となる学校は高等学校卒業後の専門学校や大学など幅広い大学が対象です。

第1種奨学金と第2種奨学金

・第1種奨学金

第1種奨学金は貸与型の奨学金制度で、在学期間中ならびに返済期間中も利息が付きません。貸与上限金額は2種よりも少なく、私立大学に自宅外から通う場合が月額64,000円となっています。また、成績要件が設けられており、奨学金申込時に成績要件をクリアしてる必要があるほか、学年が上がる際に著しく成績が悪い場合は奨学金が打ち切られる場合もあります。

・第2種奨学金

第2種奨学金は第1種と同じく、貸与型の奨学金制度です。在学期間中には利息が付きませんが、返済期間中に利息が付く奨学金です。貸与上限金額は第1種よりも高く、大学院を除くと上限は月額120,000円です。第1種と同じく成績要件が設けられていますが、第1種よりも容易な要件が設けられています。

・2種類の併用は可能?

第1種に申し込んだけど、学費を含めた経費が第1種では賄いきれない場合、第2種を併用することができます。しかし、2種類申し込んだからと言って「まとめ割」のような割り引きはされませんので、借りた分はきっちり返済する必要があります。

給付型の奨学金

給付型の奨学金は平成30年度の進学者から実施されている奨学金の形式です。前述した通り給付型は貸与型と異なり、返済義務がありません。給付額は月額2~4万円で、この奨学金を受けるには保護者(親)の所得金額の基準が設けられています。奨学金自体が経済的に就学が困難な人向けの制度ですが、この給付型の奨学金はさらに著しく経済的に困窮している方向けの奨学金制度といえるでしょう。

おわりに

上級学校への進学に関して一度は耳にする奨学金制度。確かに金銭的に就学する人を応援する制度ではありますが、給付型を除き、卒業後は借りた分を返済する必要が生じます。

学生時代に金銭的に余裕を持ちたいという理由で奨学金制度に申し込む方が多少見受けられますが、大学時代の余裕は、将来的に自分が肩代わりすることになります。

「手元にお金を残して安心したい」と考える方もいると思いますが、手物のお金を使ってしまうのはいとも簡単です。手元で保管する際は、定期預金等の解約するのに手間のかかる形で保管することをお勧めします。

毎月一定額のお金が自分の手元に何もせずに入ってくることで、自分の収入と勘違いしかけそうになりますが、奨学金制度を申し込もうとしている方は将来返済するということを忘れず、自分の身の丈に合った奨学金制度に申し込みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました