誰でも簡単!ズボラ速読の方法

生活

皆さんは自分の前に本が置かれていたとして

その本を読むのにどれくらいの時間を要するでしょうか。

読む本によってさまざまですが、ぶ厚い本であれば一か月など

結構な期間をかけて読む必要がありそうです。

それゆえに、本を読むということに少なからず抵抗感を持っている人がいます。

本は読みたい・読んだ方がいいのはわかっているけど

仕事が忙しくてとかほかにやる事が山ほどあってとかで

読書に時間をかけられないと考える人も少なくないはず。

読書はしたいけど、他にやりたいこともあるし、、、

と読書を放棄してきた筆者が

いやいやながら本を読んでいくうちに考えた

誰にでも簡単にできる速読の方法を今回はご紹介します。

紹介するにあたって、まず前提として今回ご紹介する速読法は小説など物語を読むことには適さず、自己啓発本や情報誌等を速読するために適している方法ですのであらかじめご了承ください。

ではさっそく速読する方法について紹介していきましょう。

速読する方法1 自分が欲しいところをあらかじめ探して読む

本の中には自分が必要としている情報の他にも

その情報に関連したものや、派生した情報

併せて載っていることがほとんどです。

仮に「人とのコミュニケーションを円滑にする方法が知りたい」と考え

関連書籍を購入したとしましょう。

 本の前半に自分が得たいと思っている

「コミュニケーションを円滑にする方法」の情報があれば問題ありませんが

本の終盤にそれがあったとした場合

そこまで行きつくまでの間に読んだ分の内容・時間は極端に言えば、いわば必要ない部分です。

そこで、何も考えず初めから読み進めるのではなく

自分が読みたい部分をあらかじめ探し

その部分「のみ」を読むという読書方法を採用することで

自分に必要な情報を効率よく得ることができます。

少々インチキな方法ではありますが

このような方法を採用することで、自分が欲しい情報までの距離をずっと短縮できます。

とかく、誰が言ったわけではないのですが、本というものは最初から最後まで読まなければいけない、最初から読まないと意味が分からなくなってしまうのではないかという感覚を抱きがちです。

しかしながら、そんなことは全くなく、自分が必要としている部分だけを抜き取って読むことも全然問題ありません。

この方法では、自分の得たい方法が最短でわかりますが、それ以外の部分を省略してしまうので、その部分に載っている情報はパスしてしまうことになりますので、情報の幅を狭めてしまうという弊害があります。

当然、最初から進む小説などは途中から読んでも意味が分からないことがほとんどですから、小説等の本は最初から読むことをお勧めします。

速読する方法2 目次だけを読む

反対に今度は、深堀りする必要がなく、全体の流れが分かればいい場合について考えてみましょう。

この場合はこちらも極端ですが

目次を読みさえすれば本全体の流れを把握することが可能です。

なので目次だけ読んで、読書を完了とします。

文章を要約したものが目次ですから、目次を読めば本を読み終えたと言って言えないことはありません。

たまに何が書いてあるかさっぱりわからない本の目次もありますが

だいたいの本では、目次を見ることによって内容を把握することができます。

この読書方法を採用するべき本としては

「○○するための○○個の方法」など

具体的な事例が列挙されている物が大変に好ましいです。

目次に書いてある内容だけではなく、どうしても気になる章がある場合は

その部分だけ、本文を読んでみることで、具体的な内容を確認するのもありでしょう。

こちらの方法も少しひねくれた速読方法ではありますが

前述した方法と同じように読書に要する時間を削減することが可能です。

筆者の肌感ではありますが

普通に読むよりも100倍程度早く読書ができるのではないかと感じています。

速読する方法3 文字を雑に読む

全体の流れさえ掴めればいい時において行えるもう一つの方法が

文字を雑に読むことです。

本の1ページあたりの文字数によって所要時間の差があるので、1ページあたりの時間について明言はできませんが

故意にそれまで読んでいたスピードの数倍のスピードで読書をしてみるという方法です。

目次を読むよりも本の内容を詳しく知りたい時に効果的です。

本は字の集合体ですので字を読まなくては、本に書かれている内容を知ることはできません。

しかし、字を丁寧に読むことに熱中してしまい

その結果、一つの本を読破するまでに時間が多くかかり

本を読むのが億劫になってしまう人がいるのではないかと思います。

ちゃんと読んでいるはずなのに、思ったよりも読んだページ数が少なかったら、なんか複雑な気分になりますよね。

当の筆者もそれが原因で、本を読まなくなった時期があります。

こうなってしまっては、せっかく知識を得ようと読書をしているのに本末転倒です。

ゆっくり時間をかけて読めば確実に意味が理解できるわけではありません。

ゆっくり読んだところで意味のわからないことだってあります。

それなら、多少早く読んだところでそんなに変わりがないように思えませんか?

少なくとも筆者は変わりがないものだと思ったので、丁寧に文字を読むことはほとんどしません。

人間の脳は単語の先頭と最期の並びさえ合っていれば

その単語として認識する「タイポグリセミア」という現象が確認されており

少々雑な文章でも理解することが出来るのです。要は、丁寧に文字を読まなくても、ある程度認識ができれば読めるというわけです。

単語の文字順が変わっても、語頭と語末の文字が正しければ、問題なく読めてしまう現象。たとえば「はめじしまて」という文字列を、多くの人は「はじめまして」と認識する。認知科学的には、人間は個々の文字の正確な並びでなく、文字列全体で単語を認識していることを示している。

goo辞書より

最初は、こんなので読めるのかと心配になること間違いなしですが、騙されたと思って、少し早めに、頭の中で発音をすることなく読んでみてください。そうすることで、今までかかっていた時間を大幅に削減することが可能です。

読書をして自分の知見を広げよう

上記でご紹介した速読法はいかがだったでしょうか。

何だそんなインチキな方法なのかと、この記事を読んで思った方もいるかもしれませんが、そのインチキな方法でも速読できるという事実に間違いはありません。

人間、やらぬことよりもまずやってみてから考えても遅くはありません。

少しでも現状の読書に対して疑念や煩雑さを抱いている人にぜひ試していただきたいです。

これまで読書は時間がかかるから、と考えていた人も読書にかかる時間が少ないと分かれば、読書に対しての障壁が低くなるのではないでしょうか。

読書は自分の世界を広げてくれるツールです。そのツールを使わない手はありません。

生活
スポンサーリンク
Probiees

コメント

タイトルとURLをコピーしました