○○を使えば睡眠の質を飛躍的にあげられる…かも

生活

現代社会を生きる人の多くが悩まされているという睡眠不足問題。単に仕事が忙しく、睡眠を摂る時間がないという場合もあれば、睡眠時間は確保出来ても睡眠の質が悪く、寝起きが悪いなど睡眠時間だけの問題ではない場合もあります。今回は睡眠の現状と、私が実際に試してみた快眠アイテムについて記していきます。

睡眠に悩んでいる人はどれくらいいるんだろう

調査機関や、調査方法によって結果はまちまちですが、ある医療機器メーカーの調査によると調査対象のおよそ9割の人が自分の睡眠に満足していないという結果も出ているようです。

さすがに9割というと言いすぎかもしれませんが、少なく見積もっても、おそらく半数以上の人が睡眠に関して何等かの悩みを抱えているのではないかと推測できます。

今は平気という人でもいきなりなる可能性がある

上のアンケート結果を見て共感する人と、共感できないという人がいると思います。一昔前までの筆者は後者でしたが、睡眠に関して悩んだ時期を経てからは共感をせざるを得なくなりました。

大学入学までの私は睡眠障害(睡眠に関して何らかの問題があること)とは無縁で、すぐに眠れて、朝も目覚めがすっきりでしたが、大学に入り、夜型・短時間睡眠でなおかつ不規則な生活を続けていたある時、寝つきが極端に悪くなり、それと同時に寝起きもすっきりしないことが続きました。(これについて詳しくは別記事でご紹介)

このままではいけないと思い、すぐに「快眠グッズ」という名のもとに販売されている商品に奔走しました。当たりはずれがもちろんありましたが、個人的に快眠に効果的だったものについていくつか個人的な意見と併せてご紹介したいと思います。

以下にご紹介する商品はあくまで個人的に快眠に効果的だったと感じられた商品です。商品の性能を100%保証するものではありませんのでご了承ください。

実際に試した商品

電気アイマスク

目からの光を遮断する道具としてアイマスクはご存じの方が多いと思いますが、それに加えて温めとマッサージさらにはBluetoothの機能が付いたアイマスクを購入しました。マッサージ機能は気持ちがいいのですが、稼働時に結構大きな音がでるので、睡眠前にはあまりお勧めできませんが、例えば目が疲れて少しリフレッシュしたい場合などには最適です。

温めは稼働音がせず、目元がじんわりあったかくなり、とても気持ちよく睡眠に入る事ができます。さらにBluetooth機能がついておりますので、温め+ヒーリングミュージックなどの組み合わせでさらにリラックスすることができます。

重い毛布

以前は軽い羽毛布団を使っていたのですが、軽すぎてなんだか心もとなくなった時にふとSNSで発見し購入してみた商品です。一般的な毛布と異なり、筆者の持っている毛布は7キロほどの重量があり、かけて寝ると「包まれている感覚」を実感できます。

筆者の場合はこれが心地よく、今では睡眠の必須アイテムとなっていますが、重い分、睡眠時の寝返り等の動作に負荷がかかってしまいます。このことによってせっかく寝たのに疲れた感じがすることに繋がってしまうことも考えられます。

アロマ

寝室で食事のにおいや、何か他のにおいがするとそちらに集中してしまい、眠りにくくなるケースがあります。特に、一人暮らしでワンルームに住んでいる方でしたら、居住空間と就寝場所が同じであるケースがほとんどで、いろいろな残り香の中寝ることになります。

これを解消するためリラックス効果があると言われているローズのアロマを就寝前に設置しておくことで、他のにおいを感じることがなくなり、落ち着いて眠りに就くことができるようになりました。

ローズの他にもリラックス効果のある香りがありますので、お気に入りの香りを見つけて就寝時に近くに香らせると心地よい睡眠につながるかもしれません。

耳栓

こちらは100均などでも販売されているので、ほとんどの方がご存じだと思います。

念のため、説明を加えるとするならば、耳から入ってくる外部からの音を遮断できるものです。装着して睡眠に入ると、確かに外部の音が聞こえにくくなり、その分睡眠に集中できますが、その反面、耳栓が耳の中で擦れる音や、耳の中にいわば異物を突っ込んでいるわけですから、それらに対して違和感を抱くことがあります。

幸いなことに筆者は、ほとんど抵抗感を抱くことがなかったため、すぐに快眠グッズとして効果を発揮しましたが、そうでない人においては、慣れるまでは快眠グッズとは呼び難いかもしれません。

睡眠は人それぞれ

ここまで筆者の経験に基づいておススメのアイテムをご紹介しました。しかし、十人十色というように、睡眠にも個人差があるというもの。上記で、「睡眠時間にアロマを楽しみながら寝ると快眠につながった」というご紹介をしましたが、就寝時に食事のにおいを感じることで快眠できる人もいるかもしれません。

自分の好みは自分が知っていますので、それぞれの好みに応じてよく眠れる方法を考えて、素敵な快眠生活を送ることをおススメします。

生活
スポンサーリンク
Probiees

コメント

タイトルとURLをコピーしました