手持ちのクレジットカード使わなくなったらすぐ解約すべき??

キャッシュレス還元事業が行われたことによってますます私たちの生活に浸透していったキャッシュレス決済。その基本ともいえる「クレジットカード」はスーパーでの買い物や、光熱費の支払いに至るまで様々な場面で利用する機会があります。そんな便利なクレジットカードですが、使う際に手持ちの現金が減らないことからしばしば、浪費してしまうということも耳にします。仮に手元にあまり使っていないクレジットカードがあったとしたらあなたはどうしますか?今回は持つことのメリットとデメリットについて触れていきたいと思います。

クレジットカードのメリット

 何か急務があったときに使える

クレジットカードには毎月の利用限度額が設けられており、その範囲内であれば利用することができます。このため、手元に現金がない際の応急手段として使用することができます。近年は24時間営業のコンビニ等にATMが設置されており、クレジットカードを応急手段として用意する必要、ならびに手元に多額の現金を持つことは不要になりました。しかし、何かあったときのために備えがあると安心ですね。

現金を持つ必要がない

近年では、カードが利用できる店舗が増え、飛躍的に利便性が向上しました。この結果、現金を使う必要がなくなり、カードが一枚あれば現金を持たずに、たいていの買い物ができ、現金を運ぶというリスクを軽減しながら生活が送れるようになりました。

日々の支払いで割り引き&ポイントをためることができる

同じ買い物をするのであればできるだけ安価に買い求めたいと考える人が多いと思います。その点において、カードには、特定の店舗での買い物で割り引きが受けられたり、カード利用をすることでお買い物や、商品券等と交換できるポイントを獲得できたりと、現金での支払いで享受することができない恩恵を受けることができます。

ここまでクレジットカードのメリットのみについて述べてきましたが、もちろんデメリットといわれる部分もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました