超絶無理をして78プラドという車を買ってみた

お金

趣味やハマっていること、誰しも一つぐらいは持っているだろう。

釣り

キャンプ

音楽

お酒

などなど、あげたらキリがないが、とにかくひとつぐらいハマっていることがあるだろう。

では、筆者の趣味は?と言うと、the男って感じで”乗り物”が趣味でハマっている。

電車、飛行機など乗り物といってもさまざまあるが、特にゴム製のタイヤがついていて、なおかつ発動機がついている車やバイクは大好物である。

乗り物好き筆者の学生時代は

バイクには高校時代から乗り始め、大学生時代では、それまで乗っていた250ccのバイクから身分不相応にリッター越え(1000cc越え)のバイク乗り換え、ブンブンいわせていた時期もあった。

もちろん大学時代から車にも乗りたかったのだが、当時関東に住んでいて、購入した場合、車両自体のメンテナンスの他、駐車場などの維持費がバカにならないので、なくなく、車に比べてトータルの維持費の安いバイクのみに乗ることにしたのだ(ちなみに当時乗っていたバイクとは待ち受けていた車検を機会にお別れしてしまった)。当時は地元の友人たちが自分の車を持っていることに強いあこがれを抱いていたことを今でも忘れない。

社会人生活に突入し、車を手にすることに

そして今回、地元に帰ってきて、そろそろ車がないと日常生活に支障をきたしそうだったので、念願(?)の車を手にした訳だ。

車を選ぶうえで今流行りの低燃費とか、高性能とかいうのは個人的に好きではなく、タイヤ、車体ともにごつくて、無骨で、車高が高い車がいい、という好みがあった。このことを考慮しながら車を探していった結果、”ランドクルーザープラド(以下、プラド)”という車を選ぶことになった。

愛車になったプラド。無骨さが最高だ

ランドクルーザーといえば、トヨタが誇る圧倒的な悪路走破性を備えた車で、名前だけは知っているという人も多いのではないだろうか。ただ、私が選んだのは、現行やそれに近いものではなく、初代に近いタイプ。年数で言うと25年前の車である。筆者の今の年齢が23歳なので、2つ上の先輩みたいなものと考えてもらえればいいかもしれない。

普通の大衆車であれば廃車になっていてもおかしくない年数であるが、さすがはランドクルーザーと冠するだけあり、今も現役だ。

それはさておき、近ごろのキャンプ等のアウトドア需要の活況があってか、最近はSUVの値段が上がっているとのことだった。具体的な金額の明示は控えるが、もともと筆者が考えていた予算の2倍強の値段がこの車にはついていた。そのため、少し購入まで躊躇した。

しかし、現車を見てその圧倒的な存在感と、なんといってもその武骨さに惚れ、はたまた「今ここで乗らないという選択を選んだら、この先ずっとこいつに乗れないのでは…乗るとしたら今なのでは…」という謎の使命感を感じ、最初の躊躇が嘘のように、たぶん現車確認後30秒かからなぐらいで決めたと記憶している。

と、こんな感じで即決したわけであるが、車を決めればそれでおしまい、というわけではない。車両代金の支払いというフェーズが残されている。

当初からローンを幾分か利用しようとは考えていたものの、予算の2倍…ここまで大きく予想を超えるとは自分でも思っていなかった。購入は決めたものの、肝心のローン審査で落ちるという悲惨な結果だけは避けたかった。というか避けなければならない、さもなくば購入を決めた車をみすみす逃してしまうことになるからだ。

正直、大学を卒業して間もなく、社会的信用も皆無に等しいため、ローン審査に落ちるのではないかと気が気ではなかったが…

そんな心配とは裏腹に審査の結果は全く問題なかった。

これでやっと自分の手元に車が来る。大学自体の自分に感謝しなければ。

プラドを手に入れてからの感想

上記のような紆余曲折(?)を経ながら手に入れたプラドであるが、はっきり言えば大学時代にバイクを購入したときの自分と同じく、自分の経済状況をろくに考えもしないで、今回も身分不相応な買い物をした。

が、今の気持ちは不安とかそういったものに苛まれているかというとそんなことはなく

まさに最高だ。

自分が真に乗りたい車に乗る。通勤はじめ、レジャーなど日常を共にするわけだし、これよりも素晴らしいことはあるのか、というぐらいにハッピーな気分だ。

しかし、気分がハッピーであれば懐もハッピーかというと、金銭的な余裕は全くと言っていいほどない。日々の仕事はプラドのローン返済をするためにしているようなものだ。

当初予定していた予算内で車を購入していたら、懐はこんな状況ではなかったかもしれない。しかし、それ以上に気分が落ちることを考えると、今回の選択は大正解だと思っている。お金は後で何とかなるものだ(そう思っていないとやっていけない)。金銭面で見たら最悪だが、自分のしたいことが出来ている感は既に述べたが

まさに最高だ。

結局、自分のしたいことはした方がいい

そんなこんなでここまで無理をして車を購入したことについてつらつらと述べてきた。私は車だったが、みなさんもしたいこと・したいことはしてみたらいいと思う。

お金が…ということはあとから何とでもなる。たぶん。現に無理して買ってから3カ月程度経とうとしているが、今のところ大きな問題は何もない。

三回目になるが、自分のしたいことができる環境は最高だ。もし、何か燻っているとしたら、今すぐにでも始めた方がいい。今日、この時間が一番若いのだ。

しかし、皆さんがなにか行動を起こしたとして、それに関して何か起こっても私には責任を負えないということだけ明記しておこう。

お金生活
スポンサーリンク
Probiees

コメント

タイトルとURLをコピーしました